ニュース

アーカイブ | RSS |
  
投稿日時: 2005-02-16 (1916 ヒット)

?件名   :eメッセガイドブック 印刷一式
        (原則、電子データで提出。編集作業あり。一部版下作成あり)
?参加条件:ISA会員企業
?印刷仕様:A4、本文80Pモノクロ、カラー4P(表1〜4)
?部数   :7,000部

<募集期間>
 平成17年2月16日(水)から3月2日(水) 午後5時ISA事務局必着

<決定>
 平成17年3月7日(月)

<納期>
 平成17年5月18日(水)


投稿日時: 2005-01-24 (2840 ヒット)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(社)石川県情報システム工業会(ISA)・技術・教育部会では、今年度は最近注目が
高まっている興味を持たれているメンタルヘルスに関してセミナーの開催やメール
マガジンの発行を行っていきます。

第1回は「自分でできるメンタルヘルス」、
第2回は「“うつ”の自己発見法」、
第3回の今回は「仲間への気づき」についてです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コンピュータ業界のメンタルヘルス ?3(5回連載)

                 (株)ジー アンド エス 萩原 扶未子

前回が"うつ"の自己発見法でしたので、シリーズ3回目は、仲間への気づきを
お話しします。

コンピュータ業界は達成感が得られにくい業界です。開発にはどうしてもバグが
存在します。特に納期にいつも追われているので、納品後の変更やバグ対応は、
現在進行中の開発に食い込んできます。必然、残業が増えていきます。

心身ともに疲れていても達成感があれば"うつ"にはなりにくいのですが、この
ような状況の多いコンピュータ業界では、どうしても、こころの疲れが蓄積して
きてしまいます。また、頭脳労働でもあるので、職場を離れても気持ちの
切り替えがすぐにできません。挙句、遅くまで残業し脳が興奮状態のまま眠ると、
夢の中でも納期やバグにうなされる羽目になります。

「こんな納期や内容の仕事を請けた会社や上司が悪い!」と言っている人は
大丈夫です。が、「自分のせいで・・・」と考える人は"うつ"になりやすいと
言えます。

そのような傾向の部下や仲間で、バグが増えたり納期遅れや仕様確認を含む
報・連・相がされなくなってきたら要注意です。その時には、休ませることも
大切ですが、それだけでは解決にはならないので、細かく達成感が味わえる
工夫をしてあげてください。

(次回へ続く)

第1回はこちらからご覧下さい。
 http://www.isa.or.jp/modules/news/article.php?storyid=30

第2回はこちらからご覧下さい。
 http://www.isa.or.jp/modules/news/article.php?storyid=34


著者:
 株式会社 ジー アンド エス 代表取締役社長 萩原 扶未子
 (社)日本産業カウンセラー協会 シニア(旧中級)産業カウンセラー
 (NPO)日本交流分析協会認定 交流分析士1級
 南山大学 経営学部研究科経営学専攻 博士前期課程 において、
 「組織内ジェンダー活用」を研究

リンク:
 (社)日本産業カウンセラー協会
  http://www.counselor.or.jp/

 (NPO)日本交流分析協会
  http://www.j-taa.org/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


投稿日時: 2005-01-21 (1846 ヒット)

株式会社丸藤様がご入会されました。


投稿日時: 2005-01-04 (2738 ヒット)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(社)石川県情報システム工業会(ISA)・技術・教育部会では、今年度は最近注目が
高まっている興味を持たれているメンタルヘルスに関してセミナーの開催やメール
マガジンの発行を行っていきます。

第1回は「自分でできるメンタルヘルス」というテーマでした。
第2回の今回は「“うつ”の自己発見法」についてです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コンピュータ業界のメンタルヘルス ?2(5回連載)

                    (株)ジー アンド エス 萩原 扶未子

シリーズ2回目の今回は、“うつ”の自己発見法についてお話しましょう。

“うつ”は突然なるものと思われている人が多いのです。そのため、
 ・突然、会社に来なくなった
 ・どうして自殺なんか・・・。昨日まであんなに元気だったのに
と、いう話しがよく聞かれます。

しかしながら、予兆は必ずあります。その予兆に最初に気づくのは自分自身です。
簡単なチェックポイントをいくつかあげてみます。
 ・どんなに疲れていても熱中できた趣味やスポーツが楽しくない
 ・朝、習慣にしていた朝刊を読むのが億劫で、読んでいても頭に入ってこない
 ・大好物を食べていても、美味しくない
 ・女性なら、おしゃれをするのが億劫になる
などです。

ちょっとでも該当する日があれば、納期が気になるところですが、家に早めに帰て
ゆっくりするか、その時一番自分がやりたいことをやりましょう。

“うつ”はこころの過労から来ます。身体を休めることはもちろんですが、こころを
休めさせることを考えましょう。自分を守れるのは自分自身です。

こころの危機シグナルに気づいてあげましょう!

(次回へ続く)

第1回はこちらからご覧下さい。
 http://www.isa.or.jp/modules/news/article.php?storyid=30


著者:
 株式会社 ジー アンド エス 代表取締役社長 萩原 扶未子
 (社)日本産業カウンセラー協会 シニア(旧中級)産業カウンセラー
 (NPO)日本交流分析協会認定 交流分析士1級
 南山大学 経営学部研究科経営学専攻 博士前期課程 において、
 「組織内ジェンダー活用」を研究


リンク:
 (社)日本産業カウンセラー協会
  http://www.counselor.or.jp/

 (NPO)日本交流分析協会
  http://www.j-taa.org/


投稿日時: 2004-12-24 (1968 ヒット)

【平成17年度春期情報処理技術者試験 案内書・願書配布のお知らせ】

  さて、「平成17年度春期情報処理技術者試験」(H17.4.17実施)の
案内書・願書が事務局に届いております。
案内書・願書は本日(12月24日(金))より配布開始ですが、
受付開始は平成17年1月17日(月)からとなっております。


« 1 ... 58 59 60 (61) 62 63 64 »